• 学習の流れ
  • サポート
  • 学科講座
  • 実技講座1
  • 実技講座2
  • 実技講座3

自分に合ったスタイルで勉強できます。



BMC web学院での勉強は、上の図にある流れで進んでいきます。
学科と実技の受講にどれだけ時間を使うのかは、一人ひとりの自由です。
急ぐ人なら1か月もあれば学科を学び終えることができます。 じっくり勉強したい人なら学科の勉強に12か月をかけることができます。
学院長とよく話し合って自分の生活に合ったスタイルを選んでください。
BMC web学院はできる限り、受講する人の都合を配慮します。

初心者でも安心して勉強していただけます。

わかるまで教えてほしい!

理解や修得の速度は人それぞれです。
BMC web学院では、わかるまで補講を受けることができる制度を設けています。もちろん無料です。学科でも実技でも、わからないところがあれば、何度でも説明を聞いたり指導を受けたりできます。
この補講は卒業してからも受けることができます。この場合も無料です。


自分のペースで学びたい!【e-ラーニングの学科講座】

学科の勉強は、インターネットを使っての独自の「e-ラーニング」で始めます。
授業は、Class1~Class100の百講義。好きな日時に、何度でも納得いくまで繰り返し学ぶことができます(受講期限は12か月以内)。
理解に自信が持てたらClassごとの<修了試験問題>をクリック!選択問題を解答して<答え合わせ>ボタンを押すだけの「自動採点システム」で楽しく勉強できます。


自動採点システムですぐに判定!

Class1~Class100までの学科の勉強には、Classごとに「自動採点システム」の修了試験が設けられています。
選択形式の問題に答えて<答え合わせ>のボタンを押すとその場で正誤が判定されるので、自分の理解度がその場でわかります。
解答用紙の郵送やFAX送信などの手間なく勉強できるのです。


都合がいい時に集中して学びたい!

BMC web学院の実技講座は、都合のいい月を自由に選んで受講できます。
受講期間は「月単位(毎月一日から31日間)」の短期集中スタイル。自転車に初めて乗る練習と同じように毎日、繰り返し練習して学びます。実技能力の修得には最適の方法です。


全国どこからでも勉強できる!

BMC web学院は、全国のどこに住んでいても勉強できる学校です。
インターネットを利用するe-ラーニングの学科講座と1か月単位の実技講座で、授業料以外の負担はほとんどありません。 決められた日時に、何か月も何年も学校に通う往復の交通費や通学時間などの「予想外の費用」や、勤め先や家族との時間調整といった負担なく勉強できます。


はげましのアドバイスメールが来る!

勉強の進み具合に応じて、学ぶポイントを解説したアドバイスメールが届きます。
何をどのように理解すればいいのかがわかるので、ムダなく勉強がはかどります。 理解できないことや疑問が出てきたら、いつでもメールで質問することもできます。


いつでもメールで気軽に質問!

受講生からの疑問や質問を24時間・365日受け付けています。
勉強していてわからないことや理解しにくい点、疑問が出てきたら、いつでもメールで問い合せることができます。 もちろん返事はクイックレスポンスで返ってきます。(深夜、早朝、実技の授業中など、すぐに返事ができない場合もあります)


休学制度で万が一の場合も安心!

突然、勉強を中断しないとならない事態に襲われることがあります。
そんな時はすぐに休学を申し込んでください。事情に応じて最長1年間、休学することができます。 そしていつでも復学することができます。詳しくはお問い合せください。


100classの学科と、65lessonの実技。
どちらもプロになるために必要かつ十分な内容です。

【学科講座】

基礎クラス(必須履修)
Class1-4 施術概論
人のからだに触れる施術者とは、どのような仕事なのか。その社会的な存在意義、仕事の実際、仕事に対する考え方の基本などを理解します。

Class5-34 運動学の基礎
人間のからだの仕組みや機能、運動に関する基本を学びます。合理的で効果的なケアやリハビリ、予防、トレーニングの指導などのベースとなります。

Class35-57 外傷と障害
おもなけがや障害について詳しく学びます。からだの部位別に、症状や仕組み、そのリスクなどについて学びます。的確な対処に必要な知識です。
Class58-64 運動療法の基礎
けがや障害を負った人が、日常生活やスポーツ、競技に復帰するために必要な療法(リハビリテーション)の一つを学びます。熟知しておくべき内容です。
Class65-73 PNFの基礎知識
PNFは、末梢神経麻痺や運動機能障害に広く有効な治療原理・技法のひとつです。ここでは基本的な考え方や理論に的を絞り、実技に備えます。
Class74-77 AKA概説
AKAは、新しい運動療法の一つです。関節可動域の維持・改善やけが・障害からの復帰やその予防を促すための基礎知識の習得を目指します。
Class78-100 フィットネス理論概説
運動生理学や体力学、運動処方、トレーニング法などを学びます。学科の集大成です。誰の、どのような要望に対しても的確な対応を可能にします。



トレーナー養成講座

基礎クラス(必須履修)

ガイダンス
Lesson0 学習の基本<どんな実技を、何のために学ぶのか>
Lesson1 スポーツマッサージの基本的な考え方
Lesson2 スポーツマッサージの手技の種類と実際
Lesson3 深部に届く筋操作
Lesson4 腰背部への筋操作
Lesson5-9 体節各部へのスポーツマッサージ
Lesson10 四肢の機能チェック
Lesson11-14 関節可動域チェック ■上肢
Lesson15-19 関節可動域チェック ■下肢
Lesson20-25 療法の基本-1<PNFとAKAの使い方と療法の実際:単関節>
Lesson26 テーピングの基本
※カリキュラムを予告なく改編する場合があります。


応用クラス(トレーナー養成講座)

Lesson27-32 療法の基本-2<PNFとAKAの使い方と療法の実際:複関節>
Lesson33-37 関節可動域の改善法 ■上肢
Lesson38-42 関節可動域の改善法 ■下肢
Lesson43-48 療法の実際-1<外傷・障害別の療法の実際>
Lesson49-53 先進理論への対応<初動負荷理論の基本、加圧理論の基本ほか>
Lesson54-60 療法の実際-2<リハビリテーションからトレーニングまで>
Lesson61-65 競技種目別演習<障害、パフォーマンスのポイント>
※カリキュラムを予告なく改編する場合があります。

ボディセラピスト養成講座

基礎クラス(必須履修)

ガイダンス
Lesson0 学習の基本<どんな実技を、何のために学ぶのか>
Lesson1 スポーツマッサージの基本的な考え方
Lesson2 スポーツマッサージの手技の種類と実際
Lesson3 深部に届く筋操作
Lesson4 腰背部への筋操作
Lesson5-9 体節各部へのスポーツマッサージ
Lesson10 四肢の機能チェック
Lesson11-14 関節可動域チェック ■上肢
Lesson15-19 関節可動域チェック ■下肢
Lesson20-25 療法の基本-1<PNFとAKAの使い方と療法の実際:単関節>
Lesson26 テーピングの基本
※カリキュラムを予告なく改編する場合があります。


応用クラス(ボディセラピスト養成講座)

Lesson27-32 療法の基本-2<PNFとAKAの使い方と療法の実際:複関節>
Lesson33-37 関節可動域の改善法 ■上肢
Lesson38-42 関節可動域の改善法 ■下肢
Lesson43-48 療法の実際-1<スリミングの実際>
Lesson49-53 先進理論への対応<造顔の基本、加圧理論の基本ほか>
Lesson54-60 療法の実際-2<精油の基礎からアロマの活用まで>
Lesson61-65 競技種目別演習<目的別プログラミングなど>
※カリキュラムを予告なく改編する場合があります。

整体師養成講座

基礎クラス(必須履修)

ガイダンス
Lesson0 学習の基本<どんな実技を、何のために学ぶのか>
Lesson1 スポーツマッサージの基本的な考え方
Lesson2 スポーツマッサージの手技の種類と実際
Lesson3 深部に届く筋操作
Lesson4 腰背部への筋操作
Lesson5-9 体節各部へのスポーツマッサージ
Lesson10 四肢の機能チェック
Lesson11-14 関節可動域チェック ■上肢
Lesson15-19 関節可動域チェック ■下肢
Lesson20-25 療法の基本-1<PNFとAKAの使い方と療法の実際:単関節>
Lesson26 テーピングの基本
※カリキュラムを予告なく改編する場合があります。


応用クラス(整体師養成講座)

Lesson27-32 療法の基本-2<PNFとAKAの使い方と療法の実際:複関節>
Lesson33-39 関節可動域の改善法 ■上肢
Lesson40-46 関節可動域の改善法 ■下肢
Lesson47-53 療法の実際-1<外傷・障害別の療法の実際>
Lesson54-60 療法の実際-2<外傷・障害別の療法の実際>
Lesson61-65 外傷・障害別演習<症例別プログラミングなど>
※カリキュラムを予告なく改編する場合があります。


TOP